品位って?

身に着けた女性をエレガントに美しく見せてくれるアイテムの一つに、宝石があげられます。様々な種類があり、その石の持つ特性によって、身に着けた人の雰囲気を変えてくれます。どんな自分になりたいのか、どんな自分を表現したいのかを明確にすると、どういった宝石が似合うのかがわかるようになります。 それに、現在では購入しやすい価格設定をしてくれているので、お給料を貯めれば若い女性でも買うことができるようになりました。

しかし、安いといっても、数万円の出費はあります。せっかく買うのですから、その後のお手入れを十分にして、長く大切に使いたいものです。 店頭に並んでいるジュエリーは、店員さんによって、念入りにお手入れされています。ですので、店頭ではあれほど綺麗に光り輝いでいるのです。もちろん、ジュエリーが汚れれば、店頭に持って行って掃除をしてもらうこともでいます。ですが、なるべく自分の手で綺麗にできたほうが、経済的にも時間的にも節約になります。 

長く美しいジュエリーを楽しむために、これから簡単なお手入れ方法をご紹介します。まず、宝石本体の説明をする前に、チェーンやリング部分に使われている金属について見ていきます。安めの貴金属は、金やプラチナの割合が少なく、他の金属が含まれた合成金属になっています。合成金属の割合が低くなればなるほど、金属の品位が上がります。それに伴って、価格も上るので、購入する際は検討することをお勧めします。 さて、そうした貴金属ですが、これは汗や酸素によって、次第に黒ずんできます。宝石の汚れより早いので、注意しておくと良いです。

いよいよ汚れが酷くなってきたと感じたら、専用のクリーナーを使って洗浄します。浄化液の中に浸し、水で洗い流した後、乾いた布で丁寧にふき取ると、驚くほどピカピカになります。 この時、貴金属の汚れが宝石に移らないように注意します。この汚れが宝石に移ると、削る以外に綺麗にする方法がないからです。 次に、宝石の中で最も有名なダイヤモンドについて紹介します。ダイヤモンドも汗で汚れてしまいます。汗が付着したと気付いたら、清潔な布でふき取ります。さらなる掃除方法としては、ぬるま湯に中性洗剤を数滴落として、歯ブラシで優しく磨きます。 公的な場面で活躍してくれる真珠も、汗や果物の果汁で傷みやすいので、適度にふき取るように心がけます。洗ったり、ふき取ったりする時は、真珠の層が壊れてしまわないように、丁寧に作業をすると良いです。