ジュエリーに用いられる理由?

女性にとって、ジュエリーは永遠の憧れです。最近は、本格的なジュエリーショップでも、比較的に安めの商品も置いているので、計画的にお金を貯めれば買えるようになってきました。せっかく宝石を買うのですから、その楽しみ方を知っておいたほうがお得です。そこで、以下にジュエリーを楽しむために、いくつかお手入れ方法や、選ぶときのポイントを紹介していきます。 まず、お手入れ方法から述べていきます。宝石のお手入れ方法は、石の特性によって違ってきます。それでは、女性に一番人気があるダイヤモンドを見ていきます。ダイヤモンドは、宝石の中でもかなり高い硬度を誇っており、その輝きは小粒でも存在感を感じさせるほどです。

そんな、ダイヤが汚れてしまったときは、ぬるま湯に中性洗剤を2滴ほど落として洗います。最後に水洗いをした後、乾いた布で丁寧に優しくふき取ります。先ほども述べたように、ダイヤは高い硬度を持っていますが、一方向から圧力がかかると、砕けやすいので、洗う時には注意が必要です。 それから、キラキラと舞い散る火の粉を閉じ込めたようなオパールも、人気のある宝石の一つです。こちらは、水気を必要とする石です。逆に乾燥や熱に弱いので、身に付ける時は注意した方が良いです。

そんな、オパールのお手入れ方法は、汚れたと気付いたら、なるべく早く布でふき取ることです。ぬるま湯に入れると、熱に弱いオパールが傷んでしまう可能性があるので、乾拭きで止めておきます。 最後に、お葬式や結婚式などで活躍する真珠について見ていきます。この宝石は、貝からの分泌液が幾重にも重なってできています。そのため、この層を溶かすような物が付着すると、石が傷んでしまいます。

具体的な例として、汗や果汁、強めの香水があります。これらが付着してしまったら、清潔な布で乾拭きをします。 宝石の保存方法としては、ジュエリーボックスを購入して、その中に入れておくことをお勧めします。石同士がぶつかり合うと、硬い物が柔らかい物を傷つけてしまいます。それを防ぐために、細かい仕切りがあるタイプを使用すると良いです。それに、埃からも石を守れるので、輝きを長く保てます。 次に、石を選ぶときのポイントを紹介します。宝石は、それぞれが独特の波長を持っています。タイガーアイであれば金運を上げてくれたり、スモーキークウォーツならば、持ち主の身を守ってくれたりします。そういった石の波長と仲良くなるためには、選ぶときに自分の直観を信じることが大切です。